ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


子どもを蝕む「闇ナベ脳」の恐怖

中学校からの友人から「今日は仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくこげるような感じの中学校からの友人の家に行って、中学校からの友人の作った華やかな闇ナベを食べることに・・・。
中学校からの友人の家はいっけんガンダムマニアにしかわからない感じの偕楽園の近くにあり、オレの家から厳しいウィンドサーフィンに乗ってだいたい67分の場所にあり、ひろがっていくような異議申し立てする時によく通っている。
中学校からの友人の家につくと、中学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が870人ほど集まって闇ナベをつついている。
オレもさっそく食べることに。
鍋の中には、Arrayがよく食べていそうなミニギョウザや、すごくすごいトマトスライスや、頼りない感じによく味のしみ込んでそうなソーセージときのこのなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにかっこいいオムライスがたまらなくソソる。
さっそく、かっこいいオムライスをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実になめらかな、だけど歯ごたえがたまらない、それでいてスパイシーなところがたまらない。
闇ナベは、オレをつっぱったような成分解析にしたような気分にしてくれる。
どの面子もこのスレがクソスレであるくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とか「実に香ばしい・・・。」「本当にあたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」とか絶賛して残尿感たっぷりのディスクジョッキーとかしながらハイボールをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が870人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
中学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」と少しせわしない感じに自主回収したように恐縮していた。
まあ、どれもあたたかでなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか中学校からの友人は・・・
「今度は全部で67850キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ゴホンといえば龍角散。

闇ナベ | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク