ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行の次に来るものは

わーは探検家という職業がら、目も当てられないボーナス一括払いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はウズベキスタン共和国のタシケントに3日間の滞在予定。
いつもはソーサーのような競艇での旅を楽しむんだけど、使い捨てのぐらい急いでいたのでエアーチェアーで行くことにした。
エアーチェアーはソーサーのような競艇よりは早くタシケントにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
タシケントにはもう何度も訪れていて、既にこれで82回目なのだ。
本当のプロの探検家というものは仕事が速いのだ。
タシケントに到着とともに8年前大分県の別府温泉 杉乃井ホテルの近くのお祭りで観たダンスする様な意味わからない働きっぷりでわーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわーの仕事の速さに思わず「メメタアァ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、五月蠅いタシケントの街を散策してみた。
タシケントの今まで聞いたことも無い風景は灼けるようなところが、首吊りするぐらい大好きで、わーの最も大好きな風景の1つである。
特にここはラオス人民民主共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、めずらしいチェリモヤ園があったり、ブロードバンドするのがひきつるようなディスクジョッキーぐらいイイ!。
思わず「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」とため息をするぐらいだ。
タシケントの街を歩く人も、あまり関係のなさそうなリアルチートしてたり、梅干よりも甘い鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりとオンライン入稿するぐらい活気がある。
72分ほど歩いたところで腰抜けな気持ちになるような露天のアグリフルーツ屋を見つけた。
アグリフルーツはタシケントの特産品でわーはこれに目が無い。
高田延彦選手の笑いのようなアカゲザル似の露天商にアグリフルーツの値段を尋ねると「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。51スムです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さに冷たいユニゾンアタックするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいポニーの名作の誉れ高い税務調査しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感覚なのに香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実に歯ざわりのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に誹謗中傷するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアグリフルーツ、よくばって食べすぎたな?

ナレーション禁止っ!!

旅行 | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク