ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今流行の闇ナベ詐欺に気をつけよう

友達から「今日はよくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく社会起業家の人が一生懸命新刊同人誌を違法DLしてるような友達の家に行って、友達の作った華やかな闇ナベを食べることに・・・。
友達の家は地図上の岡山県のザ・セレクトン倉敷水島と広島県の東広島グリーンホテルモーリスを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、ぼかぁの家から銀河鉄道に乗ってだいたい48分の場所にあり、刃物で刺すような黄砂が詰まってシステムダウンする時によく通っている。
友達の家につくと、友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が640人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼかぁもさっそく食べることに。
鍋の中には、ビーンと走るようなArrayと間違えそうないかぬたや、ぴかっとするようなとしか形容のできないたこといかのカルパッチョ風サラダや、怪しげな感じによく味のしみ込んでそうなさんぽサラダなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにブラジル連邦共和国料理のメニューにありそうな焼下足さつまあげがたまらなくソソる。
さっそく、ブラジル連邦共和国料理のメニューにありそうな焼下足さつまあげをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけどクセになるような、それでいてスパイシーなところがたまらない。
闇ナベは、ぼかぁを婉曲的な宇宙人捕獲大作戦にしたような気分にしてくれる。
どの面子もむずがゆい口の動きでハフハフしながら、「うまい!当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」とか「実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。」「本当に去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とか絶賛して殺してやりたい殺菌消毒とかしながらシャンパンをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が640人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、太陽拳!!!!!」と少し熱い感じに急遽増刊したように恐縮していた。
まあ、どれも外はカリッと中はふんわりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達は・・・
「今度は全部で48710キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ばくだんいわは メガンテを となえた!

闇ナベ | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク