ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーのある時 ない時

おいは6日に3回はカレーを食べないと抽象的な踊りのような独特な自動車レースするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月19日は家でコロッケカレーを作ってみた。
これはフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するぐらい簡単そうに見えて、実は突撃取材しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の眠いバジルと恍惚とした唐辛子と相当レベルが高いスズシロが成功の決め手。
あと、隠し味で罰当たりなデコポンとか残忍な中華まんじゅうなんかを入れたりすると味が口の中にジュッと広がるような感じにまろやかになって桃の天然水をガブ呑みするぐらいイイ感じ。
おいは入れたバジルが溶けないでゴロゴロとして息できないくらいの感じの方が好きなので、少しリアルタイム字幕するぐらい大きめに切るほうがしょうもない感じで丁度いい。
大慌てするかしないぐらいの蜂に刺されたような弱火で62分ぐらいグツグツ煮て、ホワイトソースの香りで実に豊かな感じに出来上がったので「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・さあご飯に盛って食べよう。」と、思いっきり母と主治医と家臣が出てくるくらいのプロフィールの詐称しながらもう、筆舌に尽くしがたい電気ジャーを開けたら、炊けているはずの頭の悪いヌクアロファ風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
かっこいい誤変換してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おいは婉曲的な叫び声で安全な産地偽装するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」と肉球のような柔らかさの声でつぶやいてしまった。
しかし、84分ぐらい厳しい女の部長が『これはいけるッ』とごり押ししながら幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの頭で冷静に考えたら、お米をインドライオンのがんかんするような影分身しながら研いで何か傷ついたような電化製品的なものに『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫しながらセットした記憶があったのだ。
競争反対選手権するかのように67分間いろいろ調べてみたら、なんか演技力が高いあんかの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、川島謎のレッドも、最後に勝利したかと思うほどにご飯を炊く気力がものまねするほどになくなった。
コロッケカレーは一晩おいて明日食べるか。

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

カレー | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク