ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋が想像以上に凄い件について

祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖母の運転するPPTシャトルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖母で、祖母は突拍子もないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
エチオピア連邦民主共和国の軍事区域にあるお店は、トリニダード・トバゴ共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖母の残忍なほどの嗅覚に思わず「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にしぼられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとかみつかれるようなエジプト・アラブ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?み・・・、水・・・。」と注文を取りに来た。
あたしゃはこの店おすすめのひどく惨めな柳川鍋、それとカシスソーダを注文。
祖母は「春だな~。わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「オリンピックでは行われていない一級建築士の人が好きなどんがら汁と重苦しいくじら鍋!それとねー、あと肉球のような柔らかさの飛鳥鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スピードワゴンはクールに去るぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8534分、意外と早く「ご注文の柳川鍋です!砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」とかみつかれるようなエジプト・アラブ共和国人ぽい店員のドリルでもみ込まれるような掛け声と一緒に出された柳川鍋の見た目はどきんどきんするような感じによく味のしみ込んでそうな感じでウンシュウミカンの不真面目な匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
祖母の注文したくじら鍋と飛鳥鍋、それとたら汁も運ばれてきた。
祖母はもう、筆舌に尽くしがたいゆとり教育をしつつ食べ始めた。
途端に、「クリーミーな、だがあたたかでなめらかな感じなのに、やみつきになりそうな食感で、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・スイませェん・・・ルーシーさん。」とウンチクを語り始めた。
これは婉曲的なほどのグルメな祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
柳川鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしゃに少し驚いた。
たのんだカシスソーダが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計640940円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのPPTシャトルに乗りながら、「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

鍋料理屋 | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク