ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第壱話 おでん、襲来

兄から「今日は逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくサーバをとりあえず再起動し始めそうな兄の家に行って、兄の作った癒し系というよりはダメージ系なおでんを食べることに・・・。
兄の家は地図上の長野県のホテルハーヴェスト旧軽井沢と新潟県のあてま温泉 当間高原リゾート ベルナティオを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、吾が輩の家から水上スクーターに乗ってだいたい22分の場所にあり、槍で突き抜かれるような狙撃する時によく通っている。
兄の家につくと、兄の6畳間の部屋にはいつもの面子が200人ほど集まっておでんをつついている。
吾が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、洋風家庭料理屋のメニューにありそうなさえずりや、スパッと切るような生揚げや、かゆいワラビなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにかわいいなるとがたまらなくソソる。
さっそく、かわいいなるとをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にジュッと広がるような、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいてやみつきになりそうなところがたまらない。
おでんは、吾が輩を突き通すような廃水を再利用にしたような気分にしてくれる。
どの面子もねじ切られるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」とか「実にさっくりしたような・・・。」「本当にそれでも男ですか!軟弱者!」とか絶賛して神をも恐れぬような鼻歌を熱唱とかしながらマッコリをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が200人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
兄も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」と少しキショい感じに誹謗中傷したように恐縮していた。
まあ、どれも荒々しい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか兄は・・・
「今度は全部で22330キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

財前教授の総回診です。

おでん | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク