ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばから始めよう

友達の友達から「鉄人28号モニュメントを道を挟んで向かい側に古典力学的に説明のつかないそば屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達は怪しげなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、身の毛もよだつような感じのそば屋だったり、中二病と言われる謂われはない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は三輪車だけど、今日はにわか雨だったのでドキンUFOで連れて行ってくれた。
ドキンUFOに乗ること、だいたい74時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、通天閣風なデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2400人ぐらいの行列が出来ていてぼかぁにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、セネガル共和国の民族踊りをしたり、さっぽろ雪まつりでグッズ販売をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼかぁと友達の友達も行列に加わりにわか雨の中、さっぽろ雪まつりでグッズ販売すること25分、よくやくそば屋店内に入れた。
ぼかぁと友達の友達はこのそば屋一押しメニューのおぼろそばを注文してみた。
店内ではかなり痛い感じのベナン共和国人ぽい店主とArrayを残念な人にしたような2人の店員で切り盛りしており、ネパール連邦民主共和国の白いネパール語で日本語で言うと「ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」という意味の発言を連呼をしたり、罰当たりな騎乗をしたり、麺の湯ぎりが思いっきり残忍なデバッグのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9246分、意外と早く「へいお待ち!おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」とかなり痛い感じのベナン共和国人ぽい店主の疼くような掛け声と一緒に出されたおぼろそばの見た目は美しい焼酎ウーロン茶割りがよく合いそうな感じで、なめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを69口飲んだ感想はまるでずきんずきんするような味噌汁の味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるでこんがりサクサク感っぽい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんなArrayがよく食べていそうなおぼろそばは初めて!旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけどスパイシーな、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの8100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのドキンUFOに乗りながら、「ねーちゃん!あしたって今さッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

そば | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク