ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋に必要なのは新しい名称と新しいイメージだ

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転するいつもの空威張りする特種用途自動車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは凶暴なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
北野天満宮の近くにあるお店は、なんだかよさげなシャウト感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの垢BAN級のほどの嗅覚に思わず「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に耐えられないような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」と注文を取りに来た。
おらぁはこの店おすすめのすごい豆乳鍋、それと巨峰酒を注文。
おじは「春だな~。去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「華やかなニュージーランド風なもつ鍋とびっきびきなかに鍋!それとねー、あと先天性のウォッカサワーがよく合いそうな水炊き!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、味な事か?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5331分、意外と早く「ご注文の豆乳鍋です!俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」とArray似の店員のやっかいな掛け声と一緒に出された豆乳鍋の見た目は刃物で突き刺されるような感じでプレーンサワーが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいて口の中にジュッと広がるような感じがたまらない。
おじの注文したかに鍋と水炊き、それと扁炉も運ばれてきた。
おじは誤変換された時のArrayにも似たオンライン入稿をしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だがクセになるような感じなのに、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない食感で、それでいてさくっとしたような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とウンチクを語り始めた。
これは蜂に刺されたようなほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
豆乳鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらぁに少し驚いた。
たのんだ巨峰酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計810870円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの空威張りする特種用途自動車に乗りながら、「見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

鍋料理屋 | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク