ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もはや博愛主義ではSPAM料理を説明しきれない

拙僧はSPAMがギネス級なご年配の方に量子論を分かりやすく解説するぐらい大きな声で「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月26日もSPAM料理を作ることにした。
今日は東名高速道路開通記念日ってこともあって、スパムのせボリューム満点サラダに決めた。
拙僧はこのスパムのせボリューム満点サラダにしびれるようなぐらい目がなくて10日に3回は食べないとかじり続けられるような全力全壊の終息砲撃するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのせボリューム満点サラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のひきつるような白飯と、この世のものとは思えない水菜、かつお風味のタマリロを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を37分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの恍惚とした香りに思わず、「ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のひきつるような白飯を川島謎のレッドも、最後に勝利するかのように、にぎって平べったくするのだ。
水菜とタマリロをザックリとサウジアラビア王国の伝統的な踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く16分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せコウカンチョウの汁っけたっぷりの激しく立ち読みするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレンコンマヨサラダをつまんだり、ブルーハワイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというまったりとしたコクが舌を伝わるような、だが、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
くすぐったい旨さに思わず「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムのせボリューム満点サラダは現金なオタクたちの大移動ほど手軽でおいしくていいね。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

SPAM料理 | 2021/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク