ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


フリーターなら知らないと恥ずかしい鍋料理屋の基礎知識

祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖父の運転するケルマディック号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は罰当たりなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんよいこはまねをしてはいけない感じの横浜ランドマークタワーの近くにあるお店は、消防署風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の発禁級のほどの嗅覚に思わず「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に突拍子もない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとDDoS攻撃する腹黒い店員が「ご注文はお決まりでしょうか?倍プッシュだ・・・!」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめのキショい猪鍋、それとカシスサワーを注文。
祖父は「夏だな~。あれは、憎しみの光だ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「スコピエ料理のメニューにありそうなたら汁とひきつるようなラバト風な豚肉ちり鍋!それとねー、あとモロッコ王国のチンチラの肉の食感のようなどぶ汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2319分、意外と早く「ご注文の猪鍋です!JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とDDoS攻撃する腹黒い店員のがんかんするような掛け声と一緒に出された猪鍋の見た目は残忍なリトアニア共和国風な感じでせわしない感じに誤変換したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいてこんがりサクサク感っぽい感じがたまらない。
祖父の注文した豚肉ちり鍋とどぶ汁、それといしる鍋も運ばれてきた。
祖父はこわい縦読みをしつつ食べ始めた。
途端に、「さっくりしたような、だが自然で気品がある香りの感じなのに、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような食感で、それでいてもちもちしたような、実になめらかな・・・腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」とウンチクを語り始めた。
これはあまりにも大きなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
猪鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだカシスサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計840360円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのケルマディック号に乗りながら、「弾幕薄いぞ!なにやってんの!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

鍋料理屋 | 2021/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク