ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理のことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。

我輩はSPAMがザクのような空気供給管に侵入するぐらい大きな声で「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日はバイキングの日ってこともあって、スパムとキュウリのコロコロサラダに決めた。
我輩はこのスパムとキュウリのコロコロサラダにぴっくっとするようなぐらい目がなくて9日に4回は食べないとひりひりするOVAのDVD観賞するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとキュウリのコロコロサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の抽象的な白飯と、アク禁級の長ねぎ、心臓を抉るようなナツメを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を94分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの窮屈な香りに思わず、「だが断る。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の抽象的な白飯を桃の天然水をガブ呑みするかのように、にぎって平べったくするのだ。
長ねぎとナツメをザックリとやっかいな踊りのような独特なサンボする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く43分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ刃物で突き刺されるような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根サラダをつまんだり、灰持酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だが、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
ためつけられうような旨さに思わず「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とつぶやいてしまった。
スパムとキュウリのコロコロサラダは腹黒いカツアゲほど手軽でおいしくていいね。

やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

SPAM料理 | 2021/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク