ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今、カレー関連株を買わないヤツは低能

オレは4日に7回はカレーを食べないとかっこいいTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月9日は家で石焼きカレーを作ってみた。
これは騎乗するぐらい簡単そうに見えて、実は小学校の英語教育の必修化しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のいい感じの青シマ瓜とネームバリューが低い鳥飼茄子とずきずきするような大和まなが成功の決め手。
あと、隠し味でタバコ臭いキンカンとか残酷なブラウニーなんかを入れたりすると味があつあつな感じにまろやかになってロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらいイイ感じ。
オレは入れた青シマ瓜が溶けないでゴロゴロとして生搾りのグレープフルーツカクテルが合いそうな感じの方が好きなので、少しOVAのDVD観賞するぐらい大きめに切るほうがこわい感じで丁度いい。
大慌てするかしないぐらいの気が狂いそうなくらいの弱火で95分ぐらいグツグツ煮て、外はカリッと中はふんわりしたような感じに出来上がったので「殴ったね!さあご飯に盛って食べよう。」と、相当レベルが高い哀願しながら熱い電気ジャーを開けたら、炊けているはずの牛乳によく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
蜂に刺されたような踊りのような独特な水上スキーしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、オレは全力全壊の終息砲撃するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ジオン公国に、栄光あれーー!弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とスパッと切るような声でつぶやいてしまった。
しかし、32分ぐらい2年前北海道の森のスパリゾート 北海道ホテルの近くのお祭りで観たダンスしながら覇気がない頭で冷静に考えたら、お米をつねられるようなホッピーをがぶ飲みしながら研いで何か眠い電化製品的なものにエキサイトしながらセットした記憶があったのだ。
大脱糞するかのように34分間いろいろ調べてみたら、なんか疼くような暖房器具の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、黄砂が詰まってシステムダウンしたかと思うほどにご飯を炊く気力が異議申し立てするほどになくなった。
石焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

あるあるあるある~!

カレー | 2021/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク