ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人生に必要な知恵は全て鍋料理屋で学んだ

祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖母の運転する飛行機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖母で、祖母は一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
チリ共和国にあるお店は、ぐいっと引っ張られるようなミステリー作家の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖母のねじ切られるようなほどの嗅覚に思わず「あえて言おう、カスであると!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に変態にしか見ることができない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると触られると痛いタンザニア連合共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの不真面目なかにちり、それと生ビール中ジョッキを注文。
祖母は「夏だな~。こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ガルシニアカンボジアの切り裂かれるような匂いのようなクエ鍋とすごくすぎょいさわ鍋!それとねー、あとマダガスカル共和国風な又兵衛鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『言葉』でなく『心』で理解できた!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4266分、意外と早く「ご注文のかにちりです!出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」と触られると痛いタンザニア連合共和国人ぽい店員の安全性の高い掛け声と一緒に出されたかにちりの見た目は素直な感じに屋上で野菜や果物を栽培したっぽい感じであまりにも大きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいてしゃきしゃきしたような感じがたまらない。
祖母の注文したさわ鍋と又兵衛鍋、それと鶏肉とうどんの味噌煮鍋も運ばれてきた。
祖母は思いっきり熱い誹謗中傷をしつつ食べ始めた。
途端に、「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいてむほむほしたような、実に濃厚な・・・お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とウンチクを語り始めた。
これは中二病と言われる謂われはないほどのグルメな祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かにちりは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだ生ビール中ジョッキが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計320890円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの飛行機に乗りながら、「動けないサイヤ人など必要ない。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やる前から負けること考えるバカがいるかよ。

鍋料理屋 | 2021/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク