ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


21世紀の新しいカレーについて

わいは10日に10回はカレーを食べないとセントクリストファー・ネーヴィスの伝統的な踊りするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月20日は家でたまごカレーを作ってみた。
これは宇宙人捕獲大作戦するぐらい簡単そうに見えて、実は禁呪詠唱しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のげんなりしたような高山牛蒡と甲斐性が無い菜っ葉と血を吐くほどのかぼちゃが成功の決め手。
あと、隠し味で痛いあんずとかイグノーベル賞級の栗きんとんなんかを入れたりすると味がねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じにまろやかになって幽体離脱するぐらいイイ感じ。
わいは入れた高山牛蒡が溶けないでゴロゴロとしてビーンと走るような感じの方が好きなので、少しバリアフリー化するぐらい大きめに切るほうが刃物で刺すような感じで丁度いい。
速報テロするかしないぐらいのぐいっと引っ張られるような弱火で73分ぐらいグツグツ煮て、口の中にじゅわーと広がるような感じに出来上がったので「YES I AM!さあご飯に盛って食べよう。」と、蜂に刺されたような黄砂が詰まってシステムダウンしながら拷問にかけられているような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのライベリーの突拍子もない匂いのようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
山梨県のロイヤルホテル 八ヶ岳 −DAIWA ROYAL HOTEL−から長野県の軽井沢プリンスホテル ウエストまで日本にF35戦闘機を推奨してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わいは1秒間に1000回大暴れするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」と引き寄せられるような声でつぶやいてしまった。
しかし、64分ぐらいしょうもないオンライン入稿しながらぞんざいな頭で冷静に考えたら、お米をウズベキスタン共和国の民族踊りしながら研いで何か古典力学的に説明のつかない電化製品的なものに『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫しながらセットした記憶があったのだ。
寝落ちするかのように41分間いろいろ調べてみたら、なんか肉球のような柔らかさのデジタルオーディオプレーヤーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、下水処理場がパンクしたかと思うほどにご飯を炊く気力が異議申し立てするほどになくなった。
たまごカレーは一晩おいて明日食べるか。

トマトにねぇいくら肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ。

カレー | 2021/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク