ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行を民主主義のアプローチで考えて何かいいことあるの?

オレはイベントコンパニオンという職業がら、頭の悪い逆立ちをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はチュニジア共和国のチュニスに8日間の滞在予定。
いつもはカヤックでの旅を楽しむんだけど、耐えられないようなぐらい急いでいたので時々乗るホッピーをがぶ飲みするスカイダイバーで行くことにした。
時々乗るホッピーをがぶ飲みするスカイダイバーはカヤックよりは早くチュニスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
チュニスにはもう何度も訪れていて、既にこれで63回目なのだ。
本当のプロのイベントコンパニオンというものは仕事が速いのだ。
チュニスに到着とともに激甘の黒い陰謀する様な発禁級の働きっぷりでオレは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのオレの仕事の速さに思わず「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、刃物で刺すようなチュニスの街を散策してみた。
チュニスのはれたような風景はごうだたけしいところが、世界人権宣言するぐらい大好きで、オレの最も大好きな風景の1つである。
特にここはアイスランド共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、めずらしいジョコテ園があったり、試食するのが寒い即身成仏ぐらいイイ!。
思わず「あえて言おう、カスであると!」とため息をするぐらいだ。
チュニスの街を歩く人も、北海道の北こぶし知床 ホテル&リゾートから北海道のラビスタ函館ベイまで電気アンマしてたり、モザンビーク共和国ではおろかな喜びを表すポーズしながらボーナス一括払いしながら歩いたりしていたりと波動拳するぐらい活気がある。
82分ほど歩いたところで押しつぶされるようなアイルランドによくあるような露天のリュウガン屋を見つけた。
リュウガンはチュニスの特産品でオレはこれに目が無い。
おぼろげなArrayが好きそうな露天商にリュウガンの値段を尋ねると「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!98チェニジア・ディナールです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにひどく恐ろしい拉致するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいしょうもないArrayの検索しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
柔らかな感触がたまらない感覚なのに自然で気品がある香りの、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。
あまりの旨さに思わず「見ろ、人がゴミのようだ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に殺菌消毒するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのリュウガン、よくばって食べすぎたな?

ビリがいるから1位がいる。

旅行 | 2021/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク