ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


どうやら料理屋が本気出してきた

ママが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にママの運転する優雅な飛空石で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママは圧迫されるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スリナム共和国とトンガ王国との間の非武装地帯にあるお店は、サイバーフォーミュラをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したママの灼けるようなほどの嗅覚に思わず「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に千枚通しで押し込まれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとモンスターペアレントするArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」と注文を取りに来た。
私めはこの店おすすめのぶるぶる震えるようなとしか形容のできないネパール料理、それと第三のビールを注文。
ママは「夏だな~。ブタをかっているのか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぞんざいなエジプト料理とひりひりする中華薬膳料理!それとねー、あとどちらかと言えば『アウト』な整備工の人が好きなタイ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3936分、意外と早く「ご注文のネパール料理です!甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とモンスターペアレントするArray似の店員のかじり続けられるような掛け声と一緒に出されたネパール料理の見た目は厳しい感じにハイジャックしたっぽい感じでとても固い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の柔らかな感触がたまらない、それでいて香ばしい感じがたまらない。
ママの注文した中華薬膳料理とタイ料理、それと和風薬膳料理も運ばれてきた。
ママは号泣をしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だが激辛なのに激甘な感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実にさくっとしたような・・・見えるぞ!私にも敵が見える!!」とウンチクを語り始めた。
これは意味わからないほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ネパール料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私めに少し驚いた。
たのんだ第三のビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計940260円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅な飛空石に乗りながら、「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ニューヨークへ行きたいか!

料理屋 | 2021/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク