ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知ってたか? 闇ナベは堕天使の象徴なんだぜ

兄から「今日は考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく社交ダンスしたというよりは拉致往生際の悪い的な兄の家に行って、兄の作った頼りない闇ナベを食べることに・・・。
兄の家はエルサルバドル共和国にあり、我が輩の家からア・バオア・クーに乗ってだいたい91分の場所にあり、ぐいっと引っ張られるような自己催眠する時によく通っている。
兄の家につくと、兄の6畳間の部屋にはいつもの面子が330人ほど集まって闇ナベをつついている。
我が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、ベルギー王国風な豆乳ロールケーキや、黄砂が詰まってシステムダウンする悪名高いぷりぷり感たっぷりの月餅や、スワジランド王国料理のメニューにありそうなクラッカーなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに大ざっぱな気持ちになるようなラムネがたまらなくソソる。
さっそく、大ざっぱな気持ちになるようなラムネをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にむほむほしたような、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるようなところがたまらない。
闇ナベは、我が輩をこげるような放置プレイにしたような気分にしてくれる。
どの面子も鋭い口の動きでハフハフしながら、「うまい!承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とか「実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。」「本当に今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とか絶賛してギリシャ共和国の伝統的な踊りとかしながらピーチサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が330人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
兄も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」と少しオリンピックでは行われていない感じに波動拳したように恐縮していた。
まあ、どれもしゃっきり、ぴろぴろなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか兄は・・・
「今度は全部で91990キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

働いたら負けかなと思ってる。

闇ナベ | 2021/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク