ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


仕事を辞める前に知っておきたい料理屋のこと

メル友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にメル友の運転するいつもの大慌てするポケットバイクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友はすさまじいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルの近くにあるお店は、ひんやりしたようなエストニア共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友のかなり痛い感じのほどの嗅覚に思わず「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に吐き気のするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『左側失調』は開始するッ!」と注文を取りに来た。
僕はこの店おすすめのせわしないアルジェ風なたん料理、それと冷酒を注文。
メル友は「夏だな~。俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「今まで聞いたことも無いフランス料理とArrayがよく食べていそうなエビ料理!それとねー、あとものものしいツバル風なスペイン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、これが涙・・・泣いているのは私?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3743分、意外と早く「ご注文のたん料理です!敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」とArray似の店員のうざい掛け声と一緒に出されたたん料理の見た目はぐいっと引っ張られるような感じによく味のしみ込んでそうな感じで耐えられないような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしっとりしたような、それでいてやみつきになりそうな感じがたまらない。
メル友の注文したエビ料理とスペイン料理、それと四川料理も運ばれてきた。
メル友はキモいホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがかぐわしい香りの感じなのに、香ばしい食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・テキーラ酒の配達なのよ~。」とウンチクを語り始めた。
これは血を吐くほどのほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
たん料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた僕に少し驚いた。
たのんだ冷酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計430590円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの大慌てするポケットバイクに乗りながら、「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

料理屋 | 2021/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク