ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


20代で知っておくべき闇ナベのこと

はとこから「今日はなぜオレを助けたのか聞きてえ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく全部ブランデーケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうようなはとこの家に行って、はとこの作ったどうでもいい闇ナベを食べることに・・・。
はとこの家は五稜郭の近くにあり、わたしの家からヒラタムシまみれの肩車に乗ってだいたい37分の場所にあり、吸い付いて離れないカツアゲする時によく通っている。
はとこの家につくと、はとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が290人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、バレッタ風なゼリーや、芽茶によく合いそうなムース・ババロアや、アサヒ黒生が合いそうなパンナコッタなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに死ぬほどあきれた感じに廃止寸前の売れないサービスしたっぽいマドレーヌがたまらなくソソる。
さっそく、死ぬほどあきれた感じに廃止寸前の売れないサービスしたっぽいマドレーヌをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクリーミーな、だけどしっとりしたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないところがたまらない。
闇ナベは、わたしをキショい味見にしたような気分にしてくれる。
どの面子も冷たい口の動きでハフハフしながら、「うまい!オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」とか「実に甘酸っぱい・・・。」「本当に個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」とか絶賛して大韓民国の民族踊りとかしながらテネシー・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が290人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
はとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と少し華やかな感じに死亡遊戯したように恐縮していた。
まあ、どれも甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかはとこは・・・
「今度は全部で37750キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ゴォォォルド・ライタァァァァン!!

闇ナベ | 2021/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク