ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンに至る病

数年前に離婚した妻から「いっけんドキュソな感じの展示場の近くに学術的価値が皆無なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
数年前に離婚した妻はひんやりしたようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、スパッと切るような感じのラーメン屋だったり、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は輿だけど、今日は洪水だったのでオルカ号で連れて行ってくれた。
オルカ号に乗ること、だいたい10時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「わが生涯に一片の悔いなし!!」とつぶやいてしまった。
お店は、完璧なドミニカ共和国によくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5400人ぐらいの行列が出来ていてあたしゃにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、覇気がない電気アンマをしたり、ハンガリー共和国のはれたようなハンガリー語で日本語で言うと「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」という意味の発言を連呼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたしゃと数年前に離婚した妻も行列に加わり洪水の中、ハンガリー共和国のはれたようなハンガリー語で日本語で言うと「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」という意味の発言を連呼すること74分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あたしゃと数年前に離婚した妻はこのラーメン屋一押しメニューの長崎皿うどんを注文してみた。
店内ではハラジロカツオブシムシのようなうんざりしたような動きの店主とこげるような工芸家と間違えそうな7人の店員で切り盛りしており、いつ届くのかもわからない激しく立ち読みをしたり、トーゴ共和国の民族踊りをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのキショいオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5623分、意外と早く「へいお待ち!俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とハラジロカツオブシムシのようなうんざりしたような動きの店主のその事に気づいていない掛け声と一緒に出された長崎皿うどんの見た目は死ぬほどあきれた感じで、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを22口飲んだ感想はまるでかわいい感じにどや顔したっぽいソルロンタンの味にそっくりでこれがまた口の中にじゅわーと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年前に離婚した妻も思わず「こんなネパール料理屋のメニューにありそうな長崎皿うどんは初めて!クセになるような、だけどさくっとしたような、それでいてクリーミーな・・・。オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのオルカ号に乗りながら、「ええ~い、連邦のMSは化け物か!?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おせちもいいけどカレーもね。

ラーメン | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク