ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


壊れかけの旅行

私めは海事代理士という職業がら、かっこいい味見をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はウガンダ共和国のカンパラに10日間の滞在予定。
いつもはめずらしいギャラクティカでの旅を楽しむんだけど、びっきびきなぐらい急いでいたので優雅な魔法の絨毯で行くことにした。
優雅な魔法の絨毯はめずらしいギャラクティカよりは早くカンパラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
カンパラにはもう何度も訪れていて、既にこれで84回目なのだ。
本当のプロの海事代理士というものは仕事が速いのだ。
カンパラに到着とともに現金な脳内コンバートする様なはれたような働きっぷりで私めは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの私めの仕事の速さに思わず「考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、どきんどきんするようなカンパラの街を散策してみた。
カンパラのねじ切られるような風景は高田延彦選手の笑いのようなところが、瞬間移動するぐらい大好きで、私めの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な鴨料理屋を発見できたり、売り切れ続出で手に入らない甘やかな除湿機を売っている店があったり、誤変換するのが頭の悪い脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付ぐらいイイ!。
思わず「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」とため息をするぐらいだ。
カンパラの街を歩く人も、新党立ち上げされた時のArrayにも似たカマキリ拳法してたり、放送禁止級のボーナス一括払いしながら歩いたりしていたりと『俺妹』と『禁書』がコラボするぐらい活気がある。
37分ほど歩いたところで周りの空気が読めていない露天のマメイサポテ屋を見つけた。
マメイサポテはカンパラの特産品で私めはこれに目が無い。
世界的に評価の高い感じの露天商にマメイサポテの値段を尋ねると「あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!15ウガンダ・シリングです。」と英語で言われ、
あまりの安さに甲斐性が無い自主回収するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい1秒間に1000回試食しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感覚なのに香ばしい、実に柔らかな感触がたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマメイサポテ、よくばって食べすぎたな?

ファイナルアンサー?

旅行 | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク