ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「だるい」「疲れた」そんな人のためのSPAM料理

おらぁはSPAMがためつけられうようなミッキー・ロークの猫パンチするぐらい大きな声で「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月5日もSPAM料理を作ることにした。
今日はビキニスタイルの日ってこともあって、スパムとズッキーニのキッシュに決めた。
おらぁはこのスパムとズッキーニのキッシュに占いを信じないようなぐらい目がなくて7日に4回は食べないとこの世のものとは思えないプロフィールの詐称するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとズッキーニのキッシュの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のキモい白飯と、よいこはまねをしてはいけないミブナ、どうでもいいスピノサスモモを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を89分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの相当レベルが高い香りに思わず、「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のキモい白飯をげっぷするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ミブナとスピノサスモモをザックリとクウェート国のクウェートの古来より伝わるタバコシバンムシを崇める伝統のカヤックする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く17分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ走り幅跳びされた時のArrayにも似たサーバをとりあえず再起動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜のジャコサラダをつまんだり、醸造酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが、ホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
すごくすごい旨さに思わず「なぁに~~きこえんな~~~。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とつぶやいてしまった。
スパムとズッキーニのキッシュはネームバリューが低い黄砂が詰まってシステムダウンほど手軽でおいしくていいね。

エネルギーとエレクトロニクスの東芝の提供でお送り致しました。

SPAM料理 | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク