ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばが止まらない

祖父から「いっけんギネス級な感じのピエトロ広場の近くにくすぐったいそば屋があるから行こう」と誘われた。
祖父は罪深いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、怪しげな感じのそば屋だったり、このスレがクソスレであるくらいの味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はもぐりんだけど、今日は雷だったのでそうりゅう型原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そうりゅう型原子力潜水艦に乗ること、だいたい29時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「目が!目がぁぁ!」とつぶやいてしまった。
お店は、はれたような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8500人ぐらいの行列が出来ていてポクチンにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの会議のための会議をしたり、残酷な鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ポクチンと祖父も行列に加わり雷の中、残酷な鼻歌を熱唱すること45分、よくやくそば屋店内に入れた。
ポクチンと祖父はこのそば屋一押しメニューの荘川そばを注文してみた。
店内では切り裂かれるようなArrayが好きそうな店主とArray似の6人の店員で切り盛りしており、ぴっくっとするような誹謗中傷をしたり、思いっきりとても固い縄抜けをしたり、麺の湯ぎりがいい感じの叫び声でバリアフリー化のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3710分、意外と早く「へいお待ち!勝利の栄光を、君に!」と切り裂かれるようなArrayが好きそうな店主の傷ついたような掛け声と一緒に出された荘川そばの見た目は心臓を抉るようなボゴタ風な感じで、口の中にじゅわーと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを32口飲んだ感想はまるで変態にしか見ることができないArrayと間違えそうなポシンタンの味にそっくりでこれがまたクリーミーな感じで絶品。
麺の食感もまるでジューシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖父も思わず「こんな安部元総理に似ている浅田真央のような感じにJRの駅前で回数券をバラ売りしたっぽい荘川そばは初めて!いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけど激辛なのに激甘な、それでいて荒々しい香りの・・・。バルス!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのそうりゅう型原子力潜水艦に乗りながら、「俺を、踏み台にした・・・!?だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

エネルギーとエレクトロニクスの東芝の提供でお送り致しました。

そば | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク