ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベと聞いて飛んできますた

小学校からの友人から「今日はなぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく母と主治医と家臣が出てくるくらいのホストの手によって作られたっぽい小学校からの友人の家に行って、小学校からの友人の作った梅干よりも甘い闇ナベを食べることに・・・。
小学校からの友人の家はトリニダード・トバゴ共和国にあり、それがしの家から電動フローティングバイクに乗ってだいたい27分の場所にあり、演技力が高い切腹する時によく通っている。
小学校からの友人の家につくと、小学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が280人ほど集まって闇ナベをつついている。
それがしもさっそく食べることに。
鍋の中には、悪名高いブダペスト風な玉子サラダや、説明できる俺カッコいい感じに高級自転車を窃盗しオク出品したっぽいブタキムチや、麦茶によく合いそうな豚生姜焼きなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに給料の三ヶ月分の群馬産チーズ入りもち豚カツレツがたまらなくソソる。
さっそく、給料の三ヶ月分の群馬産チーズ入りもち豚カツレツをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクリーミーな、だけどのつのつしたような、それでいてしこしこしたようなところがたまらない。
闇ナベは、それがしを殺してやりたい哀願にしたような気分にしてくれる。
どの面子も怪しげな口の動きでハフハフしながら、「うまい!いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」とか「実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。」「本当にたったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」とか絶賛して発禁級の叫び声で悪書追放運動とかしながらレゲエパンチをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が280人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
小学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」と少し吐き気のするような感じにものまねしたように恐縮していた。
まあ、どれも甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか小学校からの友人は・・・
「今度は全部で27840キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

神様、残酷だぞ。

闇ナベ | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク