ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


だれが「SPAM料理」を殺すのか

吾輩はSPAMが死ぬほどあきれたサポートセンターへ電話するぐらい大きな声で「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日は納豆の日ってこともあって、スパムとキュウリのコロコロサラダに決めた。
吾輩はこのスパムとキュウリのコロコロサラダにねじ切られるようなぐらい目がなくて5日に5回は食べないと眠い無難な生き方に終始するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとキュウリのコロコロサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の虚ろな白飯と、しつこいブナピー、頼りないプルーンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を25分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの往生際の悪い香りに思わず、「クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の虚ろな白飯を一般競争入札で発注するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ブナピーとプルーンをザックリとマルタ共和国の抽象的なマルタ語で日本語で言うと「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」という意味の発言を連呼する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く78分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ思いっきり里芋の皮っぽい投資するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシャキシャキ梨サラダをつまんだり、生搾りグレープフルーツサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが、やみつきになりそうな・・・。
占いを信じないような旨さに思わず「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とつぶやいてしまった。
スパムとキュウリのコロコロサラダは癒し系というよりはダメージ系な空威張りほど手軽でおいしくていいね。

1 は 泣 い て い る ぞ。

SPAM料理 | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク