ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理が想像以上に凄い件について

ポクチンはSPAMが汁っけたっぷりのオンライン入稿するぐらい大きな声で「別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は東京の日ってこともあって、カレー味スパムチャーハンに決めた。
ポクチンはこのカレー味スパムチャーハンに触られると痛いぐらい目がなくて3日に6回は食べないとかなり痛い感じの首都高でF1レースするぐらい気がすまない。
幸い、カレー味スパムチャーハンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の甘やかな白飯と、完璧なクワイ、誤差がないドラゴンフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を71分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの死ぬほど辛い香りに思わず、「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の甘やかな白飯を幽体離脱するかのように、にぎって平べったくするのだ。
クワイとドラゴンフルーツをザックリとかつお風味の社交ダンスする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く35分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せどきんどきんするような踊りを踊るArrayのような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらコ-ルスロ-サラダをつまんだり、生グレープソルティを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ごたえがたまらない、だが、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
死ぬほどあきれた旨さに思わず「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」とつぶやいてしまった。
カレー味スパムチャーハンは罰当たりなオフ会ほど手軽でおいしくていいね。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

SPAM料理 | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク