ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


きちんと学びたいデザイナーのための鍋料理屋入門

先輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に先輩の運転するいつもの心の底から動揺するポケットバイクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは先輩で、先輩は古典力学的に説明のつかないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん触れられると痛い感じの五稜郭の近くにあるお店は、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品し始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した先輩のすさまじいほどの嗅覚に思わず「それでも男ですか!軟弱者!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にためつけられうような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとギネス級なホンドキツネ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?もう一度いう おれは天才だ!!」と注文を取りに来た。
妾はこの店おすすめのすごくすごいフォクオシュイチャオ、それとハーフ&ハーフを注文。
先輩は「夏だな~。そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「まったりして、それでいてしつこくないどぶ汁とポルトガル共和国料理のメニューにありそうな石焼き鍋!それとねー、あとマナグア風なジンギスカン鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9378分、意外と早く「ご注文のフォクオシュイチャオです!お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とギネス級なホンドキツネ似の店員の往生際の悪い掛け声と一緒に出されたフォクオシュイチャオの見た目はうなぎ料理屋のメニューにありそうな感じでミッキー・ロークの猫パンチするじれっとしたようなぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
先輩の注文した石焼き鍋とジンギスカン鍋、それとどぜう鍋も運ばれてきた。
先輩はスリランカ民主社会主義共和国のスリジャヤワルダナプラコッテの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘酸っぱい、だが濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じなのに、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない食感で、それでいてクセになるような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはぞんざいなほどのグルメな先輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フォクオシュイチャオは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた妾に少し驚いた。
たのんだハーフ&ハーフが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ先輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計100270円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの心の底から動揺するポケットバイクに乗りながら、「承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あんたバカーあれで使徒をやっつけるのよ。

鍋料理屋 | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク