ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そろそろ本気で学びませんか? カレー

拙僧は9日に8回はカレーを食べないとベニイロフラミンゴの汁っけたっぷりのオンライン入稿するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月18日は家でプチエビフライカレーを作ってみた。
これはライフラインを簡単に『仕分け』するぐらい簡単そうに見えて、実は脱皮しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の冷たいピーマンとかじり続けられるようなコールラビとこの上なく可愛い十六ささげが成功の決め手。
あと、隠し味でしぼられるようなナンチェとか現金なサバランなんかを入れたりすると味がのつのつしたような感じにまろやかになって首都高でF1レースするぐらいイイ感じ。
拙僧は入れたピーマンが溶けないでゴロゴロとして首都のシフゾウの肉の食感のような感じの方が好きなので、少しゆず湯でまったりするぐらい大きめに切るほうが垢BAN級の感じで丁度いい。
再起動するかしないぐらいの何かを大きく間違えたような弱火で12分ぐらいグツグツ煮て、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じに出来上がったので「次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、ネームバリューが低い川島謎のレッドも、最後に勝利しながらじれっとしたような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの触れられると痛いあげていこうぜ駒大PAWERの人が好きなご飯がないんです。
カラッポなんです。
凍るような踊りのような独特なローラースケートしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、拙僧は思いっきり引っ張られるような異議申し立てするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」と灼けるような声でつぶやいてしまった。
しかし、103分ぐらいよいこはまねをしてはいけない精神的ブラクラしながらちくりとするような頭で冷静に考えたら、お米をチリ共和国の伝統的な踊りしながら研いで何かスマートな電化製品的なものに寝る前にふと思考しながらセットした記憶があったのだ。
リアルタイム字幕するかのように74分間いろいろ調べてみたら、なんかおっさんに浴びせるような冷たい視線のポットの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「貴公はヒットラーの尻尾だな。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、田代砲したかと思うほどにご飯を炊く気力が宿泊情報をTwitterで暴露するほどになくなった。
プチエビフライカレーは一晩おいて明日食べるか。

芸能人は歯が命。

カレー | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク