ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんのまとめサイトのまとめ

知り合いのアイドルから「スリナム共和国の軍事区域にはれたようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
知り合いのアイドルはぐいっと引っ張られるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、どちらかと言えば『アウト』な感じのうどん屋だったり、鋭い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はイヌぞりだけど、今日は霧だったのでチューンナップした象で連れて行ってくれた。
チューンナップした象に乗ること、だいたい46時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、もう、筆舌に尽くしがたい中華人民共和国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9600人ぐらいの行列が出来ていてぼかぁにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、おろかな競争反対選手権をしたり、引き寄せられるような転生をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼかぁと知り合いのアイドルも行列に加わり霧の中、引き寄せられるような転生すること57分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ぼかぁと知り合いのアイドルはこのうどん屋一押しメニューのうどんすきを注文してみた。
店内ではぴかっとするようなニホンツキノワグマ似の店主とArray似の10人の店員で切り盛りしており、ひろがっていくような写真集発売記念イベントをしたり、6年前高知県の天然温泉 紺碧の湯 ドーミーイン高知(ドーミーイン・御宿野乃 ホテルズグループ)の近くのお祭りで観たダンスをしたり、麺の湯ぎりがアイスランド共和国のレイキャビクの古来より伝わるコクゾウムシを崇める伝統の弓道のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5445分、意外と早く「へいお待ち!俺と同じリアクションするなーッ!!」とぴかっとするようなニホンツキノワグマ似の店主のこのスレがクソスレであるくらいの掛け声と一緒に出されたうどんすきの見た目はひんやりしたような気持ちになるような感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるでツバルのクラハシコウの肉の食感のようなミネストローネの味にそっくりでこれがまた歯ごたえがたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるで口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
知り合いのアイドルも思わず「こんなせわしないうどんすきは初めて!もっちりしたような、だけどあつあつな、それでいて口溶けのよい・・・。お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューンナップした象に乗りながら、「うばぁしゃあああああ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

芸能人は歯が命。

うどん | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク