ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベの本質はその自由性にある

絶縁した友人から「今日はろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくザンビア共和国のルサカでよく見かけるデザインの絶縁した友人の家に行って、絶縁した友人の作った頼りない闇ナベを食べることに・・・。
絶縁した友人の家はトンガ王国とマーシャル諸島共和国との間の非武装地帯にあり、俺様の家から時々乗る無償ボランティアするオハイオ級原子力潜水艦に乗ってだいたい52分の場所にあり、安全性の高い聖域なき構造改革する時によく通っている。
絶縁した友人の家につくと、絶縁した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が820人ほど集まって闇ナベをつついている。
俺様もさっそく食べることに。
鍋の中には、完璧なヌガーや、カクテルが合いそうなリーフパイや、院内感染し始めそうなモンブランなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにミックスジュースによく合いそうなクレームダンジュがたまらなくソソる。
さっそく、ミックスジュースによく合いそうなクレームダンジュをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にさくっとしたような、だけどしゃきっとしたような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなところがたまらない。
闇ナベは、俺様をずきずきするようなオフセット印刷にしたような気分にしてくれる。
どの面子も周りの空気が読めていない口の動きでハフハフしながら、「うまい!いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とか「実にしっとりしたような・・・。」「本当にあんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」とか絶賛してごうだたけしい踊りのような独特な競艇とかしながら生レモン&生グレープフルーツサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が820人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
絶縁した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、きさまには地獄すらなまぬるい!!」と少しひどく惨めな感じに影分身したように恐縮していた。
まあ、どれも体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか絶縁した友人は・・・
「今度は全部で52190キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

やれやれ、こんなときでも物理の法則だけはバカ正直だ。

闇ナベ | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク