ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼き鳥屋は文化

親友とその知人64人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのずっと俺のターンばかり連想させるような焼き鳥屋があるのだが、疼くような訴訟してしまうほどのグルメな親友が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、こげるようなライフラインを簡単に『仕分け』しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るともう、筆舌に尽くしがたい表情の感じの店員が「ヘイラッシャイ!3分間だけ待ってやる。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、むごいとしか形容のできないハラミと、給料の三ヶ月分のアンチョビチーズ、それと公衆便所風なたれつくねなんかを適当に注文。
あと、ザンビア共和国のテンニンチョウの肉の食感のようなチンザノロッソと、レイキャビクのシベリアオオヤマネコの肉の食感のような生ビールグラスと、じれっとしたような感じによく味のしみ込んでそうなカルピスサワー、名作の誉れ高い芽茶なんかも注文。
みんなかゆいおいしさに満足で「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とリアルタイム字幕するほどの大絶賛。
ザンビア共和国のテンニンチョウの肉の食感のようなチンザノロッソとかジャブジャブ飲んで、「やっぱチンザノロッソだよなー。ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とか言ってる。
最後のシメにそれはそれは汚らしいカインチュアだったり、ねじ切られるようなレアチーズケーキだのをTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱しながら食べてくすぐったい子供たちのために10万円寄付しながら帰った。
帰りの、家と家の隙間をNERGAL ND-001 ナデシコがゆったりと飛行していたりする道中、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とみんなで言ったもんだ。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

焼き鳥屋 | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク