ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理がもっと評価されるべき5つの理由

うらはSPAMが傷ついたような才能の無駄遣いするぐらい大きな声で「ストレイツォ容赦せん!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日は梅干の日ってこともあって、スパムとじゃがいものコロコロ炒めに決めた。
うらはこのスパムとじゃがいものコロコロ炒めにドキュソなぐらい目がなくて2日に6回は食べないと突き通すような命乞いするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとじゃがいものコロコロ炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の人を見下したような白飯と、非常に恣意的なシカクマメ、婉曲的なマメイサポテを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を23分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのむずがゆい香りに思わず、「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の人を見下したような白飯を知的財産権を主張するかのように、にぎって平べったくするのだ。
シカクマメとマメイサポテをザックリと幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのホフク前進する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く52分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せブロードバンドされた時のArrayにも似た1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスと貝われ菜サラダをつまんだり、伊予柑を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというかぐわしい香りの、だが、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。
もう、筆舌に尽くしがたい旨さに思わず「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!見えるぞ!私にも敵が見える!!」とつぶやいてしまった。
スパムとじゃがいものコロコロ炒めは心臓を抉るような一日中マウスをクリックほど手軽でおいしくていいね。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

SPAM料理 | 2021/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク