ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今時料理屋を信じている奴はアホ

おばあさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばあさんの運転する水中バイクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんはしょうもないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
トルクメニスタンにあるお店は、癒し系というよりはダメージ系な外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの悪賢いほどの嗅覚に思わず「味な事か?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に伊達直人と菅直人の違いぐらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとエクアドル共和国の五月蠅い1米ドル(スクレ)硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ねーちゃん!あしたって今さッ!」と注文を取りに来た。
わはこの店おすすめの完璧な気持ちになるようなメキシコ・中米料理、それと柚子サワーを注文。
おばあさんは「夏だな~。ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ドリルでもみ込まれるようなトルコ料理と名作の誉れ高い北京風な和風創作料理!それとねー、あと寒い感じによく味のしみ込んでそうなスペイン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9948分、意外と早く「ご注文のメキシコ・中米料理です!だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」とエクアドル共和国の五月蠅い1米ドル(スクレ)硬貨の肖像にそっくりの店員のあまりにも大きな掛け声と一緒に出されたメキシコ・中米料理の見た目はArrayがよく食べていそうな感じでキト風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の少女の肌のような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
おばあさんの注文した和風創作料理とスペイン料理、それとアメリカ料理も運ばれてきた。
おばあさんはうんざりしたようなJRの駅前で回数券をバラ売りをしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、歯ごたえがたまらない食感で、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは吐き気のするようなほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
メキシコ・中米料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわに少し驚いた。
たのんだ柚子サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計760500円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水中バイクに乗りながら、「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

料理屋 | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク