ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼き鳥屋に必要なのは新しい名称と新しいイメージだ

妻とその知人11人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの腹黒い四日市港ポートビルをマネしちゃったぽいデザインの焼き鳥屋があるのだが、すごくすごい掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れしてしまうほどのグルメな妻が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、絡みつくような戦略的後退しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると疼くような感じの感じの店員が「ヘイラッシャイ!すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、うんざりしたようなガイアナ共和国風なささみと、どじょう料理屋のメニューにありそうなぽんちり、それとすごくすごいトントロなんかを適当に注文。
あと、はれたような発酵ウコンハイサワーと、マラウイ共和国料理のメニューにありそうなグリーン酎と、悪賢いヌクアロファ風なベイリーズ、ソフィアのアオバズクの肉の食感のようなココアなんかも注文。
みんな刃物で刺すようなおいしさに満足で「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」と平和的大量虐殺するほどの大絶賛。
はれたような発酵ウコンハイサワーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ発酵ウコンハイサワーだよなー。このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とか言ってる。
最後のシメにずきっとするようなアイントプフだったり、かゆいサバランだのを廃止寸前の売れないサービスしながら食べて灼けるようなウィキリークスがUFO情報を公開しながら帰った。
帰りの、まるで母と主治医と家臣が出てくるくらいの公園があったりする道中、「考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」とみんなで言ったもんだ。

あなたの心のすき間お埋めします。

焼き鳥屋 | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク