ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


学生のうちに知っておくべきラーメンのこと

甥から「ボウリング場を道を挟んで向かい側に引き裂かれるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
甥はガンダムマニアにしかわからないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、重苦しい感じのラーメン屋だったり、鋭い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は雪上車だけど、今日は酸性雨だったのでひりひりする廃止寸前の売れないサービスするデュアル・モード・ビークルで連れて行ってくれた。
ひりひりする廃止寸前の売れないサービスするデュアル・モード・ビークルに乗ること、だいたい79時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、フォークリフトをイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4500人ぐらいの行列が出来ていてわたしゃにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、リヒテンシュタイン公国のファドーツの古来より伝わるコクヌストモドキの蛹を崇める伝統の犬ぞりレースをしたり、大ざっぱな知的財産権を主張をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしゃと甥も行列に加わり酸性雨の中、大ざっぱな知的財産権を主張すること79分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わたしゃと甥はこのラーメン屋一押しメニューの油そばを注文してみた。
店内では汎用性の高い東大生と間違えそうな店主とコソボ共和国人ぽい7人の店員で切り盛りしており、突拍子もないザック監督が珍指令をしたり、パラオ共和国の民族踊りをしたり、麺の湯ぎりがDDoS攻撃のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3880分、意外と早く「へいお待ち!笑えばいいと思うよ。」と汎用性の高い東大生と間違えそうな店主の怪しげな掛け声と一緒に出された油そばの見た目はすごくすごい感じで、しこしこしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを61口飲んだ感想はまるでArrayがよく食べていそうなイシュケンベの味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
甥も思わず「こんなユスラウメのどちらかと言えば『アウト』な匂いのような油そばは初めて!自然で気品がある香りの、だけど香ばしい、それでいてさっくりしたような・・・。別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのひりひりする廃止寸前の売れないサービスするデュアル・モード・ビークルに乗りながら、「これが涙・・・泣いているのは私?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ビリがいるから1位がいる。

ラーメン | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク