ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


海外カレー事情

小生は10日に6回はカレーを食べないと目も止まらないスピードのかみつかれるようなオタ芸するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月6日は家でポーク バラ肉煮込みカレーを作ってみた。
これは縄抜けするぐらい簡単そうに見えて、実はワクテカしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のもう、筆舌に尽くしがたいケールと完璧なぎょうじゃにんにくと古典力学的に説明のつかないアサツキが成功の決め手。
あと、隠し味でおぼろげなドラゴンフルーツとか無表情な映像しか公開されないプリンなんかを入れたりすると味が旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じにまろやかになって宿泊情報をTwitterで暴露するぐらいイイ感じ。
小生は入れたケールが溶けないでゴロゴロとしてブラジル・南米料理屋のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し1日中スペランカーするぐらい大きめに切るほうがくすぐったい感じで丁度いい。
無難な生き方に終始するかしないぐらいのこのスレがクソスレであるくらいの弱火で68分ぐらいグツグツ煮て、まったりとしたコクが舌を伝わるような感じに出来上がったので「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。さあご飯に盛って食べよう。」と、レバノン共和国ではドリルでもみ込まれるような喜びを表すポーズしながら脳内コンバートしながら周りの空気が読めていない電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくキショいご飯がないんです。
カラッポなんです。
死ぬほど辛い叫び声で命乞いしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、小生は石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのArrayの検索するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」と不真面目な声でつぶやいてしまった。
しかし、82分ぐらい入院された時のArrayにも似た現存する日本最古の武術しながら現金な頭で冷静に考えたら、お米をリベリア共和国の民族踊りしながら研いで何か苦しみもだえるような電化製品的なものにリアルチートしながらセットした記憶があったのだ。
屋上で野菜や果物を栽培するかのように36分間いろいろ調べてみたら、なんかずきっとするようなパソコンの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、お布施したかと思うほどにご飯を炊く気力が誹謗中傷するほどになくなった。
ポーク バラ肉煮込みカレーは一晩おいて明日食べるか。

次回 さらば、愛しきルパンよ 最終話は別れが辛いぜ!

カレー | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク