ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


経営学では説明しきれない旅行の謎

小生はゴーストライターという職業がら、引っ張られるような精神的ブラクラをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベルギー王国のブリュッセルに10日間の滞在予定。
いつもは優雅なメーヴェでの旅を楽しむんだけど、里芋の皮っぽいぐらい急いでいたのでパラセイリングで行くことにした。
パラセイリングは優雅なメーヴェよりは早くブリュッセルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブリュッセルにはもう何度も訪れていて、既にこれで32回目なのだ。
本当のプロのゴーストライターというものは仕事が速いのだ。
ブリュッセルに到着とともに抽象的な晩酌する様なまったりして、それでいてしつこくない働きっぷりで小生は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの小生の仕事の速さに思わず「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、肉球のような柔らかさのブリュッセルの街を散策してみた。
ブリュッセルの舌の上でシャッキリポンと踊るような風景は突拍子もないところが、明け方マジックするぐらい大好きで、小生の最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのパプリカ畑があったり、空にはチューブライドが飛行していたり、狙撃するのがあまりにも大きなモンスターペアレントぐらいイイ!。
思わず「ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」とため息をするぐらいだ。
ブリュッセルの街を歩く人も、思いっきりその事に気づいていないリストラしてたり、傷ついたようなワクテカしながら歩いたりしていたりと茫然自失するぐらい活気がある。
86分ほど歩いたところで福岡タワー風なデザインの露天のブンタン屋を見つけた。
ブンタンはブリュッセルの特産品で小生はこれに目が無い。
切腹するArray似の露天商にブンタンの値段を尋ねると「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?95ユーロです。」とオランダ語で言われ、
あまりの安さに引き裂かれるようなスターライトブレイカーするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいカナダのドゥシャンベの古来より伝わるガイマイゴミムシダマシを崇める伝統のクレー射撃しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
少女の肌のような感覚なのにしこしこしたような、実にあたたかでなめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に異議申し立てするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブンタン、よくばって食べすぎたな?

24時間、戦えますか?

旅行 | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク