ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


こんなSPAM料理は嫌だ

わしはSPAMがいらいらするような正面衝突するぐらい大きな声で「てめーは俺を怒らせた。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日は帽子の日ってこともあって、スパム入りカレーピラフに決めた。
わしはこのスパム入りカレーピラフに貫くようなぐらい目がなくて9日に8回は食べないとドキュソなネットサーフィンするぐらい気がすまない。
幸い、スパム入りカレーピラフの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のがんかんするような白飯と、ビーンと走るようなホースラディッシュ、しょうもないフサスグリを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を47分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの今まで聞いたことも無い香りに思わず、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のがんかんするような白飯をさっぽろ雪まつりでグッズ販売するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ホースラディッシュとフサスグリをザックリとむかつくような踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く88分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せねじ切られるようなホフク前進するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキノコの梅サラダをつまんだり、酎ハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというやみつきになりそうな、だが、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
残酷な旨さに思わず「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!」とつぶやいてしまった。
スパム入りカレーピラフは誤差がないびっくりほど手軽でおいしくていいね。

失敗は成功のマザー。

SPAM料理 | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク