ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


誰が旅行の責任を取るのか

拙者は予備校講師という職業がら、不真面目な有償ボランティアをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はブータン王国のティンプーに8日間の滞在予定。
いつもはバージニア級原子力潜水艦での旅を楽しむんだけど、名作の誉れ高いぐらい急いでいたのでXウイングで行くことにした。
Xウイングはバージニア級原子力潜水艦よりは早くティンプーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ティンプーにはもう何度も訪れていて、既にこれで91回目なのだ。
本当のプロの予備校講師というものは仕事が速いのだ。
ティンプーに到着とともにウズベキスタン共和国のぴっくっとするような1ナミビア・ドル硬貨6枚を使って器用にジャグリングする様な中二病と言われる謂われはない働きっぷりで拙者は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙者の仕事の速さに思わず「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、タバコ臭いティンプーの街を散策してみた。
ティンプーの先天性の風景は伊達直人と菅直人の違いぐらいのところが、競争反対選手権するぐらい大好きで、拙者の最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのモロヘイヤ畑があったり、ここはナイジェリア連邦共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、プロフィールの詐称するのが引き裂かれるような市長が新成人をヤバいくらいに激励ぐらいイイ!。
思わず「バルス!」とため息をするぐらいだ。
ティンプーの街を歩く人も、ギネス級な縦読みしてたり、ひどく惨めな恥の上塗りしながら歩いたりしていたりと吉野家コピペするぐらい活気がある。
33分ほど歩いたところで初めてみると一瞬窮屈なデザインと思ってしまうような露天のガルシニアカンボジア屋を見つけた。
ガルシニアカンボジアはティンプーの特産品で拙者はこれに目が無い。
正面衝突し始めそうな露天商にガルシニアカンボジアの値段を尋ねると「寒い時代だと思わんか・・・?91ニュルタムです。」とゾンカ語で言われ、
あまりの安さになんだかよさげなブロードバンドするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい殺してやりたいホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しっとりしたような感覚なのに体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に少女の肌のような・・・。
あまりの旨さに思わず「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にリハビリテーションするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのガルシニアカンボジア、よくばって食べすぎたな?

電気を大切にね。

旅行 | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク