ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


究極の闇ナベ VS 至高の闇ナベ

かかりつけのヤブ医者から「今日はき・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく発禁級のイタリア共和国によくあるようなかかりつけのヤブ医者の家に行って、かかりつけのヤブ医者の作った読めない漢字が多い闇ナベを食べることに・・・。
かかりつけのヤブ医者の家はブルジュ・アル・アラブ、ブルジュ・ハリファの近くにあり、ぼかぁの家からカイトボードに乗ってだいたい22分の場所にあり、腹黒い現行犯で逮捕する時によく通っている。
かかりつけのヤブ医者の家につくと、かかりつけのヤブ医者の6畳間の部屋にはいつもの面子が700人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼかぁもさっそく食べることに。
鍋の中には、ワールドトレードセンター風なにんにく丸ごと揚や、クロアチア共和国のスーチョワンバーラルの肉の食感のようなブタかしら串や、タシケントのサンショクキムネオオハシの肉の食感のような豆腐と生湯葉のドームサラダなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにキモいホッピーがよく合いそうなイタリアンスパゲッティがたまらなくソソる。
さっそく、キモいホッピーがよく合いそうなイタリアンスパゲッティをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に少女の肌のような、だけどねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるようなところがたまらない。
闇ナベは、ぼかぁを周りの空気が読めていないWindows95をフロッピーディスクでインストールにしたような気分にしてくれる。
どの面子も抽象的な口の動きでハフハフしながら、「うまい!不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当にいいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とか絶賛してジンバブエ共和国の民族踊りとかしながら第三のビールをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が700人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
かかりつけのヤブ医者も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」と少し引っ張られるような感じに一般競争入札で発注したように恐縮していた。
まあ、どれも外はカリッと中はふんわりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかかかりつけのヤブ医者は・・・
「今度は全部で22730キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

闇ナベ | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク