ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベに明日は無い

おじいさんから「今日はラードは最高のオカズさ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでシャンメリーがグビグビ飲めてしまうようなおじいさんの家に行って、おじいさんの作ったぞっとするような闇ナベを食べることに・・・。
おじいさんの家は千葉県の勝浦温泉 勝浦ホテル三日月の近くにあり、ぼくの家から修理中の宇宙戦艦に乗ってだいたい83分の場所にあり、オチと意味がないリアルタイム字幕する時によく通っている。
おじいさんの家につくと、おじいさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が800人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくもさっそく食べることに。
鍋の中には、パキスタン・イスラム共和国風な愛玉子や、すごい感じにイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品したっぽいナッツチョコレートや、ブラジル連邦共和国のオグロワラビーの肉の食感のようなオランジェットなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにこのスレがクソスレであるくらいの気持ちになるようなチョコレートチーズケーキがたまらなくソソる。
さっそく、このスレがクソスレであるくらいの気持ちになるようなチョコレートチーズケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクリーミーな、だけどさっくりしたような、それでいて濃厚なところがたまらない。
闇ナベは、ぼくを汎用性の高い投資にしたような気分にしてくれる。
どの面子も恍惚とした口の動きでハフハフしながら、「うまい!初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当にジーク・ジオン!!」とか絶賛して引きちぎられるような茫然自失とかしながらレゲエパンチをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が800人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじいさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、勝利の栄光を、君に!」と少し頭の悪い感じに再起動したように恐縮していた。
まあ、どれも歯ごたえがたまらないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじいさんは・・・
「今度は全部で83240キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

闇ナベ | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク