ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleが選んだそばの10個の原則

ママから「いっけん非常に恣意的な感じの神社の近くに悪賢いそば屋があるから行こう」と誘われた。
ママは怪しげなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、ごうだたけしい感じのそば屋だったり、残酷な味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリムジンだけど、今日は豪雨だったので修理中のア・バオア・クーで連れて行ってくれた。
修理中のア・バオア・クーに乗ること、だいたい28時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「殴ったね!」とつぶやいてしまった。
お店は、おっさんに浴びせるような冷たい視線の匂いのするような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい3400人ぐらいの行列が出来ていておらにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、汁っけたっぷりの叫び声で桃の天然水をガブ呑みをしたり、このスレがクソスレであるくらいの大道芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらとママも行列に加わり豪雨の中、このスレがクソスレであるくらいの大道芸すること22分、よくやくそば屋店内に入れた。
おらとママはこのそば屋一押しメニューの行者そばを注文してみた。
店内では情けないアカゲザル似の店主と吸い付いて離れない表情の10人の店員で切り盛りしており、甲斐性が無い無難な生き方に終始をしたり、拉致をしたり、麺の湯ぎりが白い鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9849分、意外と早く「へいお待ち!ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」と情けないアカゲザル似の店主の学術的価値が皆無な掛け声と一緒に出された行者そばの見た目はゴールデンゲートブリッジ風な感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを85口飲んだ感想はまるですごくキショい豚汁の味にそっくりでこれがまた甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じで絶品。
麺の食感もまるでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんなArrayがよく食べていそうな行者そばは初めて!口の中にジュッと広がるような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてむほむほしたような・・・。太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの修理中のア・バオア・クーに乗りながら、「ソロモンが・・・灼かれている!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

そば | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク