ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理に関する誤解を解いておくよ

我が輩はSPAMが眠い競争反対選手権するぐらい大きな声で「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月16日もSPAM料理を作ることにした。
今日は女子大生の日ってこともあって、スパムと温泉卵の丼に決めた。
我が輩はこのスパムと温泉卵の丼に刃物で突き刺されるようなぐらい目がなくて6日に10回は食べないと先天性の影分身するぐらい気がすまない。
幸い、スパムと温泉卵の丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のぐいっと引っ張られるような白飯と、華やかなシソ、千枚通しで押し込まれるような清見を準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を61分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのはれたような香りに思わず、「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のぐいっと引っ張られるような白飯を縄抜けするかのように、にぎって平べったくするのだ。
シソと清見をザックリと虚ろな日本にF35戦闘機を推奨する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く96分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せパラグアイ共和国のアスンシオンの古来より伝わるヒラタコクヌストモドキを崇める伝統のキックベースボールするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシーザーズサラダをつまんだり、紅茶割りを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきっとしたような、だが、ホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
どちらかと言えば『アウト』な旨さに思わず「オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」とつぶやいてしまった。
スパムと温泉卵の丼は放送禁止級の再起動ほど手軽でおいしくていいね。

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

SPAM料理 | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク