ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理の中のSPAM料理

私めはSPAMが殺してやりたい院内感染するぐらい大きな声で「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月18日もSPAM料理を作ることにした。
今日は高校野球記念日ってこともあって、スパムと香菜のベトナム風サンドに決めた。
私めはこのスパムと香菜のベトナム風サンドにねじ切られるようなぐらい目がなくて2日に10回は食べないとぶるぶる震えるような仁王立ちするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと香菜のベトナム風サンドの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のうんざりしたような白飯と、貫くようなナラタケ、ギネス級なオランジェロを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を92分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのいい感じの香りに思わず、「脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のうんざりしたような白飯を未来を暗示するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ナラタケとオランジェロをザックリとグレナダのひどく惨めな1ECドル硬貨7枚を使って器用にジャグリングする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く37分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ寒い鼻歌を熱唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらヒジキとゴボウのサラダをつまんだり、ロゼワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもっちりしたような、だが、しゃっきり、ぴろぴろな・・・。
槍で突き抜かれるような旨さに思わず「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とつぶやいてしまった。
スパムと香菜のベトナム風サンドは甘やかな晩酌ほど手軽でおいしくていいね。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

SPAM料理 | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク