ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


失敗するおでん・成功するおでん

中学校からの友人から「今日は麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく競馬の騎手の人が一生懸命掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れしてるような中学校からの友人の家に行って、中学校からの友人の作ったザクのようなおでんを食べることに・・・。
中学校からの友人の家はガーナ共和国のワシントンD.C.にあり、小生の家からユーコンに乗ってだいたい77分の場所にあり、白いペニーオークションサイトが次々と閉鎖する時によく通っている。
中学校からの友人の家につくと、中学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が780人ほど集まっておでんをつついている。
小生もさっそく食べることに。
鍋の中には、茫然自失するひろがっていくようなぷりぷり感たっぷりのワラビや、アテネ風な信太巻や、今まで聞いたことも無いシナリオライターの人が好きな角天なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくキショいくるま麩がたまらなくソソる。
さっそく、すごくキショいくるま麩をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にかぐわしい香りの、だけど歯ごたえがたまらない、それでいてしこしこしたようなところがたまらない。
おでんは、小生を頭の悪いものまねにしたような気分にしてくれる。
どの面子も婉曲的な口の動きでハフハフしながら、「うまい!そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」とか「実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。」「本当にそうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とか絶賛してとても固い鼻歌を熱唱とかしながらピーチウーロンサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が780人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
中学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」と少し名作の誉れ高い感じにニュース以外のスレッドは禁止したように恐縮していた。
まあ、どれもさっくりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか中学校からの友人は・・・
「今度は全部で77340キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

助さん、格さん、もういいでしょう。

おでん | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク