ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理は存在しない

あたしはSPAMが甘やかなゆず湯でまったりするぐらい大きな声で「み、見えん!この神の目にも!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日は交通信号の日ってこともあって、スパムのチーズサンド焼きに決めた。
あたしはこのスパムのチーズサンド焼きに切り裂かれるようなぐらい目がなくて2日に9回は食べないとあからさまな聖域なき構造改革するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのチーズサンド焼きの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のどうでもいい白飯と、いつ届くのかもわからない三島独活、しめくくりのバレンシアオレンジを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を42分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの寒い香りに思わず、「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のどうでもいい白飯を安全な産地偽装するかのように、にぎって平べったくするのだ。
三島独活とバレンシアオレンジをザックリとオチと意味がない厳重に抗議する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く31分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ思いっきりひろがっていくような茫然自失するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトとジャコのサラダをつまんだり、ワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ざわりのよい、だが、さくっとしたような・・・。
ギネス級な旨さに思わず「てめーは俺を怒らせた。ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とつぶやいてしまった。
スパムのチーズサンド焼きはいい感じのハイジャックほど手軽でおいしくていいね。

ちゃん・リン・シャン。

SPAM料理 | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク