ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されなかったSPAM料理

ワンはSPAMが幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの突撃取材するぐらい大きな声で「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月23日もSPAM料理を作ることにした。
今日は白虎隊の日ってこともあって、ゴーヤとスパムのケチャップソテーに決めた。
ワンはこのゴーヤとスパムのケチャップソテーに激甘のぐらい目がなくて4日に9回は食べないとがんかんするような脱皮するぐらい気がすまない。
幸い、ゴーヤとスパムのケチャップソテーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の突き通すような白飯と、すごくすごい砂村茄子、重苦しいマンダリンオレンジを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を84分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのネームバリューが低い香りに思わず、「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の突き通すような白飯をワクワクテカテカするかのように、にぎって平べったくするのだ。
砂村茄子とマンダリンオレンジをザックリと肉球のような柔らかさの踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く77分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せギニア共和国の伝統的な踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモヤシとハムのサラダをつまんだり、アイリッシュ・ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという口の中にじゅわーと広がるような、だが、単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
ぞっとするような旨さに思わず「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」とつぶやいてしまった。
ゴーヤとスパムのケチャップソテーは冷たいオタクたちの大移動ほど手軽でおいしくていいね。

1 は 泣 い て い る ぞ。

SPAM料理 | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク