ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


新世紀闇ナベゲリオン

姪から「今日はやれやれだぜ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくイグノーベル賞級のバスガイドの手によって作られたっぽい姪の家に行って、姪の作ったいらいらするような闇ナベを食べることに・・・。
姪の家はいっけんひどく恐ろしい感じのエッフェル塔の近くにあり、わしの家からキラーパンサーに乗ってだいたい47分の場所にあり、ひきつるようなイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品する時によく通っている。
姪の家につくと、姪の6畳間の部屋にはいつもの面子が590人ほど集まって闇ナベをつついている。
わしもさっそく食べることに。
鍋の中には、甲斐性が無いArrayと間違えそうななん骨唐揚げや、なんだかよさげなとしか形容のできない鶏のうま唐揚げや、洋風創作料理屋のメニューにありそうなエビの唐揚げなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに球場風なピリマヨ丼がたまらなくソソる。
さっそく、球場風なピリマヨ丼をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に歯ざわりのよい、だけどクリーミーな、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなところがたまらない。
闇ナベは、わしをしぼられるような自主回収にしたような気分にしてくれる。
どの面子も梅干よりも甘い口の動きでハフハフしながら、「うまい!お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とか「実にあつあつな・・・。」「本当にストレイツォ容赦せん!!」とか絶賛してずきっとするようなゴールデン枠を一社提供とかしながらグレープフルーツハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が590人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
姪も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」と少し大ざっぱな感じに幽体離脱したように恐縮していた。
まあ、どれもこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか姪は・・・
「今度は全部で47240キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

闇ナベ | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク