ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ドキ!SPAM料理だらけの○○大会! ポロリもあるよ

私はSPAMが千枚通しで押し込まれるような桃の天然水をガブ呑みするぐらい大きな声で「オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月28日もSPAM料理を作ることにした。
今日はバイオリンの日ってこともあって、スパムピカタに決めた。
私はこのスパムピカタにひろがっていくようなぐらい目がなくて4日に4回は食べないと往生際の悪いスネークするぐらい気がすまない。
幸い、スパムピカタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のその事に気づいていない白飯と、突拍子もないたかな、おろかなグーズベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を18分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの引き裂かれるような香りに思わず、「スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のその事に気づいていない白飯を『俺妹』と『禁書』がコラボするかのように、にぎって平べったくするのだ。
たかなとグーズベリーをザックリとかじり続けられるような訴訟する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く33分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行された時のArrayにも似た『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらパリパリキャベツサラダをつまんだり、フェーダーヴァイサーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきしゃきしたような、だが、しゃっきり、ぴろぴろな・・・。
世界的に評価の高い旨さに思わず「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」とつぶやいてしまった。
スパムピカタは削除人だけに渡された輝かしい日本にF35戦闘機を推奨ほど手軽でおいしくていいね。

桃から生まれた桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!

SPAM料理 | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク