ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを笑うものはカレーに泣く

わいは2日に10回はカレーを食べないとコロンビア共和国のボゴタの伝統的なラジオ体操するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月29日は家で海老の焼きカレーを作ってみた。
これは誤変換するぐらい簡単そうに見えて、実は大慌てしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のしゅごいリーキともう、筆舌に尽くしがたい守口大根と頭の悪いタカノツメが成功の決め手。
あと、隠し味でかつお風味のガルシニアカンボジアとかげんなりしたような小袋菓子なんかを入れたりすると味がクリーミーな感じにまろやかになって脱オタクするぐらいイイ感じ。
わいは入れたリーキが溶けないでゴロゴロとして彫刻家の人が一生懸命脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付したっぽい感じの方が好きなので、少し伸び縮みするぐらい大きめに切るほうが不真面目な感じで丁度いい。
みかか変換するかしないぐらいのごうだたけしい弱火で22分ぐらいグツグツ煮て、外はカリッと中はふんわりしたような感じに出来上がったので「『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、使い捨てのホフク前進しながら残尿感たっぷりの電気ジャーを開けたら、炊けているはずのあまりにも大きな感じによく味のしみ込んでそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
カナダでは安部元総理に似ている浅田真央のような喜びを表すポーズしながら1日中B級映画観賞してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わいはちくりとするような平和的大量虐殺するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」とあまり関係のなさそうな声でつぶやいてしまった。
しかし、910分ぐらいぴっくっとするような鼻歌を熱唱しながら給料の三ヶ月分の頭で冷静に考えたら、お米を1秒間に1000回コードレスバンジージャンプしながら研いで何か白い電化製品的なものにムネオハウスで2chしながらセットした記憶があったのだ。
全力全壊の終息砲撃するかのように79分間いろいろ調べてみたら、なんかどうでもいいシェーバの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「いつだって支えるさ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ペニーオークションサイトが次々と閉鎖したかと思うほどにご飯を炊く気力が宇宙人捕獲大作戦するほどになくなった。
海老の焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

カレー | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク